2012年6月1日金曜日

玉川温泉

ガン治療で有名な湯治で「玉川温泉」がある。



ごぼう茶と同じく免疫力を高める効果がある。


この温泉も偶然同じくテレビで見た。

その頃、母と祖母が胃がんを宣告されたばかりの頃で情報に敏感
だったのだと思う。

秋田県の温泉で非常に酸性が強く免疫力を高める効能があるとの事。
日本各地でも免疫力を高める温泉はあるらしいが、玉川温泉ほどでは
ないそうだ。

母と祖母は2度湯治に行った。

湯治と言っても大変なようで具合を悪くして救急車で運ばれる人も
いるらしい。祖母も一度だけ救急車で運ばれたそうだ。
今現在は知らないが、祖母が湯治に行った時点では宿泊施設にエレベータが
なかったそうで祖母が言うには「大変だった」と言っていた。


ちなみに当時見たテレビからの情報だが、立地と酸性の強さで携帯電話などの
機器は使えないそうで、使っても壊れてしまうらしい。
ちなみに郵送でお湯は取り寄せ可能らしい。



実を言えば、このブログを更新している時点で私も湯治に赴く予定だった。
しかし2クール目が始まった事から体調面を見合わせ、予約をキャンセルした。
確かに手足にしびれが少々あり、ピークになる頃に温泉にいると危ないかも
しれないので母の判断は正しかったと思う。


予約キャンセルの際、玉川温泉の人と話した湯治には体力がいるらしい。
しかも宿泊は自炊プランもあるらしく、それを選択していたら体力を余計に
消耗していたかもしれない。もっとも予約の時点では自炊プランは選択してないが。


主治医Bに母が抗がん剤治療をしながら玉川温泉に行っても大丈夫か聞いていた。
平行するのは、いかがなものか気にしていたらしい。

玉川温泉の事は主治医Bも知っており、観光ついでに行った事もあったようだ。
湯治している人の数に驚いたと言っていた。

ただ医師の立場からは、臨床試験などデータを通してない療法は何とも言えない
そうだ。
確かにデータに裏付けされているから保険もあるわけだろうし。
プロの立場から「効くらしい」という口コミ程度では意見が言えないのは納得
できる。

厳しいようだが、行く・行かないは自己管理で決めてほしい

もっともだと思う。
この意見を聞いた上で母は今回は行かない事を決めたのだと思う。

祖母、母、私と残念ながら代々ガンを受け継いでしまっているが、抗がん剤治療は
私が初めてだ。
何があるかわからない。何かあってからでは遅い。
そう判断したと思う。


もしも当ブログをご覧になって行こうと思われた方にもう一つ。

玉川温泉で雪崩事故があったのはご存知でしょうか。

3人お亡くなりになっています。
(そのうちの一人は母が顔見知りだったそうだ)

雪崩が頻発する地域ではないらしいですが、地形を考えると起きないとも言えない。


諸々の状況を鑑み、その上でご判断を頂きたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿